低用量ピルは病院で処方されているお薬ですが、通院が面倒・費用が嵩むことなどから最近ではネット通販でピルを注文する女性が増えているようです。当サイトでは、ピルの購入方法や注意点などを皆様にご紹介していきます。

  • ホーム
  • ピルで太ってしまう人はヤスミンを使う

ピルで太ってしまう人はヤスミンを使う

ピルで太る人はヤスミンへ乗り換える傾向にあります。
その他の製品に比べてドロスピレノンを主成分とするヤスミンは、ダイエットピルでむくみやニキビに効果が期待できる超低用量ピルです。
なぜダイエットピルと言われているかというと、体内の水分が蓄積しにくい特徴がある女性ホルモンが主成分となっていますので、避妊効果があるだけでなく、むくみやニキビに効果を発揮します。

これまでの低用量ピルからヤスミンへの乗換需要は非常に高く、世界中の多くの女性がこれまでのタイプから超低用量ピルのヤスミンに乗り換えています。
低用量のタイプに含まれる女性ホルモンは、人によってはむくみやニキビなどの副作用が気になるケースがありますし、体重増加がみられることがあります。

生理不順に悩む女性からも低用量ピルは人気ですが、経口低用量避妊薬は避妊効果だけでなく美容上に様々なメリットをもたらします。
含まれる黄体ホルモンの種類によっては美容効果がみられないどころかニキビが出来たり太ってしまうケースがありますが、ヤスミンはむくみを防いだり肌を美しくする効果が期待できます。

ヤスミンはむくみや体重増加、ニキビやオイリースキンなどを防ぎながら避妊効果がある避妊薬として世界中で人気ですが、その他の低用量ピルはマイナートラブルでむくみやその他の副作用が出ることがあります。
ピルはどれも同じではありませんので、これまで服用してきて太ってしまうため避妊をあきらめていた方はヤスミンを使ってみてはいかがでしょうか。

世界中で実績の高い低用量ピルで、安全に避妊が出来る経口低用量避妊薬として注目されています。
含まれている女性ホルモンが美容に効果的なものですので、美しくなりたい女性や太りたくない女性には特に最適です。
避妊薬を飲むと太ってしまう人は次の選択肢としてヤスミンを選ぶことで、むくみやニキビなどに悩まされることなく快適な避妊を行なえる可能性が高くなります。

ヤスミンは個人輸入の通販でも買えるため、病院へ行くのが手間である人でも簡単に買うことができます。
自分の体に合うという方は、継続して使用する場合でも通販サイトではまとめ買いも可能ですので、経済的にもいいでしょう。
もし体に合わない場合はすぐに使用を中止して、医師の診察を受けることが大切です。

ピルの服用で太った人は別のピルに乗り換えもしている

ピルを飲んでいて太ってしまったり副作用が強く耐えられない場合、ピルの種類を変更してもらうと良いでしょう。
自分の体質に合わないピルに固執しなくても、他の超低用量ピルや経口低用量避妊薬などの変更することが可能です。

尚、ピルを変えるには少し時間がかかり、避妊効果を残して変更するには28錠や21錠をきちんと飲んでから次の種類に変更する必要があります。
新しいピルの服用ができるのは生理が来る1日目からで、体質に合わないからと言って服用を辞めてしまうと避妊効果を十分得ることができず排卵してしまったり生理不順になる可能性があります。
ピルを服用した時にむくみや不正出血、ニキビや太る人もいますが、軽度の物なら2ヵ月~3ヵ月飲み続けると治まります。
症状が酷く日常生活にも影響が出るなら1シート目が終わる前に医師と相談して別のピルに変えてもらうと良いでしょう。
特定のピルが合わないという人は多く、乗換需要が多いのでいくつか試してみることをおすすめします。

太ったと言う人の多くはヤスミンを利用しています。
ヤスミンには少量の卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)や黄体ホルモン(ドロスピレノン)が含まれていて、脳下垂体に働きかけることにより性腺刺激ホルモンのゴナドトロピンの分泌を抑えることで排卵を抑制することが可能です。
子宮内膜症で増殖した子宮内膜の増殖を抑えたり、月経に伴う腰痛や下腹部痛といった月経困難症の痛みなども軽減することができます。
ダイエットピルを利用するよりも、ピルの種類を変更してみたり試しにヤスミンなどを服用してみても良いでしょう。
合わない医薬品をずっと服用する必要はなく、いくつか試してみて自分に合ったものを選択することをおすすめします。

関連記事