低用量ピルは病院で処方されているお薬ですが、通院が面倒・費用が嵩むことなどから最近ではネット通販でピルを注文する女性が増えているようです。当サイトでは、ピルの購入方法や注意点などを皆様にご紹介していきます。

  • ホーム
  • アフターピルを飲んだ後に生理が来ない場合について

アフターピルを飲んだ後に生理が来ない場合について

緊急避妊薬として使用されているアフターピルですが、避妊の成功率は80パーセントと言われています。
この成功率はアフターピルの種類によって多少変わりますが、高いものでも90パーセント程度と100パーセント成功を約束する薬はまだありません。
アフターピルは72時間以内の服用が決まりになっていますが、服用のタイミングが早ければ早いほど成功率は高くなります。

避妊に失敗した後にアフターピルを服用すれば気分的にはもう安心というイメージですが、服用後にきちんと生理がくるかどうかは意識しておきましょう。
アフターピルの服用後はどうしても周期が乱れがちなのでいつもより早くなることが多いですが、予兆がないかチェックしておくのがおすすめです。
もし生理がこなかった場合は、色々な可能性が考えられます。

まず一つの可能性としては、アフターピルの服用によって生理不順になっていることが挙げられます。
中にはかなり生理周期が乱れる人もいます。
もし避妊が成功しなかったのではないか、と心配になったら妊娠検査薬でチェックするのも一つの手です。
それが陰性だった場合には、この生理不順の可能性が大いに考えられます。

さらに、消退出血をする人は少なくありません。
この消退出血とは、アフターピルが強制的に身体に起こす生理のことで、薬の効果によって生理になります。
そのため、人によっては1ヶ月の間に2回も生理になる人もいます。
このような生理をどのように見分けるのかと言うと、いつもの血液の状態と違うことが多いです。
塊のような状態で出てくることが多く、グレープフルーツの実のようなものに近いです。
特に、よく使用されているアフターピルであるアイピルはこのような状態になりやすいと言われています。

もしアフターピルをきちんと服用したのに生理がこない、ということが起こると非常にナーバスな気分になるでしょう。
単なる周期の乱れの可能性もあるので、早めに調べるのがおすすめです。

消退出血が来るのは避妊成功のサイン?

避妊具を使用せずにセックスを行った場合や避妊具を使用したけれど正しく使用することが出来なかったという場合、少なからず妊娠の可能性があります。
そんなとき、望まぬ妊娠を防ぐ方法として、アフターピルを使用するという方法があります。
アフターピルを使用することで、強制的に生理を起こすことが出来ます。
その結果、受精卵が着床することを防ぐことが出来ます。

アフターピルの一つに、アイピルがありますが、セックスから最長でも72時間以内に服用しなければ効果がない可能性があります。
早く服用したほうが避妊の成功率は高い傾向にあります。
アイピルを服用しても避妊が成功したかどうか不安になる人もいるでしょう。
避妊成功のサインとして、消退出血という出血があります。
アイピルを服用してから早い人で2日から1週間、遅い人でも3週間以内に生理と同じもしくはやや少ないと感じられる程度の出血があります。
服用してから3週間を経過しても消退出血が見られないという場合には、避妊に失敗している可能性がありますので、妊娠検査薬を使用して調べるか病院で検査を受けるようにしましょう。

妊娠検査薬で調べた場合でもタイミングによっては陽性であるにも関わらず陰性となる可能性がありますので、消退出血があったとしても不安があるという場合にも、病院に相談をすると良いでしょう。
アイピルなどのアフターピルを服用した場合の副作用として、生理周期によっては生理不順などの副作用が見られる事があります。
個人差はありますが、服用から3ヶ月以内には自然な生理が来る場合がほとんどです。

なお、アイピルを服用する場合には、他の医薬品と一緒に服用することで、効果に影響が見られる可能性がありますので、服用前に医師に確認をしましょう。
そして、グレープフルーツと一緒に服用すると、ピルの作用が高まってしまい、副作用のリスクも高まります。
ピルを服用する時には水もしくはぬるま湯で服用するようにしましょう。

関連記事